基礎知識
メーカー別
どこで買う?
こんなときには

スタッドレスタイヤ

冬道を走行するためのスパイクタイヤが規制されてからは、スタッドレスタイヤが主流になっています。

冬以外に使う通常のタイヤを『夏タイヤ』、冬に使うスタッドレスタイヤを『冬タイヤ』とも呼んでいます。

スポンサードリンク

どんなタイヤ?

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤはスノータイヤの一種です。摩擦係数が低い、積雪路面や凍結路面を走行する際、路面に、駆動力や制動力を普通のタイヤよりも大きく伝える工夫がされています。

スパイクタイヤの問題点をクリアし、冬道でも問題なく走行できる性能を持たせるべく、開発されたタイヤです。

構造

積雪路面や凍結路面を走行するために作られているスタッドレスタイヤは、普通のタイヤとは少し構造が違います。

普通のタイヤに比べ、溝が深くなっています。溝が雪をがっちりと噛むように深くされています。

噛まれた雪は、タイヤの回転で剥がれ落ちるように設計されています。

サイプ

溝を構成しているブロックに、細かいサイプと呼ばれる溝が切られています。

このサイプによってブロックの形が変わり、積雪路面や圧雪路面、凍結路面でも、引掻くようなグリップを得られることが出来ます。

ゴム

スタッドレスタイヤのゴムは、通常のタイヤのゴムとは違い、常温でも溶けない、低温でも固くならないといったものが使われています。

凍結路面でのグリップ向上のため、各メーカー独自の工夫が盛り込まれています。

問題点

スタッドレスタイヤが主流となり、以前、ピンのついているスパイクタイヤが主流の頃と比べ、様々な問題点が出てきているのも事実です。

ミラーバーン
ミラーバーン

交差点で繰り返し、停止や発進が繰り返されることで、圧雪路面をスタッドレスタイヤが磨き上げてしまい、鏡のようにツルツルの路面になってしまいます。

スリップなどの危険はもちろん、横断歩道を渡る歩行者などにも危険な路面になってしまいます。

凍結防止剤
凍結防止剤

スパイクタイヤはピンがついているので、路面がツルツルになることはありませんでした。

スタッドレスタイヤが主流になり、路面がツルツルにならないように、塩化カルシウムなどの凍結防止剤が多く使われるようになりました。このことから、環境や車への影響が心配されています。実際、国土交通省でも影響に対する調査が行われています。

積雪時以外

スタッドレスタイヤのグリップ力は、温度が0度を下回る環境で発揮されます。冬になっても滅多に積雪のない地域で雪が降った場合、路面温度が0度以下ではない場合、グリップ力が発揮されないために、タイヤを過信すると危険です。

また、夏になってもスタッドレスタイヤを履き続けているドライバーもいますが、普通タイヤと比べて1ヵ所にかかる摩擦が大きいので摩擦熱も起きやすく、高速走行を繰り返すことでタイヤが発火し、車両火災を招いた事例もありますので、夏になったらノーマルタイヤに履きかえるようにしなければいけません。

スポンサードリンク