基礎知識
メーカー別
どこで買う?
こんなときには

タイヤ

自動車、自転車、オートバイ……様々なものにタイヤがついています。

このサイトでは主に自動車のタイヤについて取り上げていきましょう。購入する際の参考にしてもらえれば幸いです。

空気圧

エアゲージ

ここでは、空気圧調整について少しだけ触れておきましょう。適正量の空気が入っていなければ、その機能を果たしません。空気はもっとも重要なものと言えるでしょう。

空気圧はその車種によって適正な量が決められています。運転席側のドアを開けると、車体に適正な空気圧の量がステッカーで貼ってあります。


空気圧過大

設計上、規定の2〜3倍の空気圧がかかっても、破裂しないように作られています。

ただし、この場合、タイヤがバウンドしやすくなってしまい、路面の段差や凸凹の衝撃を直接受けることになってしまうので、乗り心地が悪くなってしまいます。

制動力や駆動力も伝わりにくくなりますが、燃費は抑えられます。

空気圧過少

空気圧が適正量の半分以下になると、見た目でタイヤが凹んでいるのが分かるようになります。

そのままで運転を続けているとバーストにつながるので大変危険です。

サイト紹介

それでは、このサイトの構成を紹介していきましょう。気になるページから覗いてみてください。

基礎知識

構造やサイズの見方や大まかなタイヤの種類など、基礎的なことを取り上げているカテゴリーです。車を運転するのであれば、覚えておきましょう。

タイヤの構造
タイヤサイズ
オールシーズンタイヤ
スタッドレスタイヤ
アルミホイール

メーカー別

タイヤには数多くのメーカーがあります。ここでは、よく知られているメーカーからいくつかをピックアップしてご紹介しましょう。それぞれのメーカーで、それぞれの特徴があります。

ブリヂストン
ヨコハマタイヤ
トーヨータイヤ
ダンロップ
ミシュラン
ピレリ
グッドイヤー
どこで買う?

タイヤは消耗品です。1度購入したら一生使えるものではありません。では、どんなところで購入すればいいのでしょうか。

購入方法
こんなときには

タイヤは自動車についていればそれでいい……そうではありません。様々なトラブルもありますし、簡単に処分できないものでもあるのです。

パンク・バースト
廃棄とリサイクル

[おすすめサイト]